すたろグ

自動集客システムを提供します。みんなで稼ごう!

FX

【初心者向け】FX自動売買の基礎知識+秘密(始める前に知っておくべき)

投稿日:2020-06-19 更新日:

FXの自動売買は『言われた通りにやれば、儲かります。』なんてことを言って、初心者を勧誘する人がいますが、ちょっと不親切です。

FXは利益が出ることもあれば、損失が発生することもあります。ですから、ちゃんと仕組みを理解した上で、自分の意思で始めることが必要になります。

本記事では、FXの自動売買を始めるにあたり必要なことをお伝えします。損失が発生してから「そんなこと知らなかった」なんてことが無いようにしましょう。

本記事は下記のような人にお勧めです。

  • 知識ないけど『FXの自動売買を始めてみたい』と思っている人
  • 『言われた通りにやれば、必ず儲かるよ(^o^)』と言われたが、その人の笑顔が信じられない人
  • 『なんで必ず儲かることを私に教えてくれるんだろう?』と疑問に思う人
  • 『なぜ海外のFX口座なの。何かいいことあるの?ちょっと怖いんだけど』という人

さて、それではFX自動売買の基礎知識をみていきましょう。

FXの基礎知識

FXとは

外国為替証拠金取引(Foreign eXchange)の略です。証拠金のない外国為替取引もFXではありますが、一般的にはFXと言ったら外国為替証拠金取引のことです。

また海外では、Forexと呼ばれることが多いようです。

通貨を買ったり、売ったりして、通貨間の価格変動による価格差により、利益を狙います。

通貨ペア

通貨ペアとは、取引を行う通貨の組みです。USD/JPYであれば、米ドルと日本円を売り買いします。

ポジション

日本語では、建玉と言います。なんて読むのかというと「たてぎょく」です。最初の頃、僕は雰囲気で「かえだま」と読んでいました。ラーメンか!

ドル円(USDJPY)であれば、買いのポジション(建玉)とは、ドルを買うことで保有できます。例えば、1ドル107円で買いポジションを1ロット(10万通貨)保有し、その後1ドル108円に上がると10万円の利益になります。

また売り買いのことを、買い:ロング(Long)、売り:ショート(Short)と言います。

最近の僕の場合、買いポジション、売りポジションという呼び方になっています。

FXの取引では、適切なタイミングでポジションを保有することが重要なのですが、とにかくポジションを保有していないと、気が済まなくなることがあります。そういった状態のことをポジポジ病と呼びます。(僕もわりとそうです…)

ポジポジ病の人は、FXについて一から学び直し論理に従い、機械的に取引できるように訓練が必要です。または、裁量取引をやめて、全て自動売買にするのが良いと思います。

スプレッド

買いと売りの価格差のことです。なぜ、価格差があるかというとFX会社が儲けるためです。

ドル円(USDJPY)において、スプレッドが16ポイントの場合、0.01ロット(1000通貨)を買うとします。買った瞬間に、16円の含み損が発生します。この16円がFX会社の利益になります。

スプレッドをほぼ0に抑えた「ゼロ口座」というものもあります。こちらは取引するのに手数料がかかります。

通常はスプレッドありのスタンダード口座で良いです。

スワップ

ポジションを保有している際に、取引通貨の金利差により発生する利息です。金利の高い通貨を買っていれば、プラスのスワップを得られますが、金利の高い通貨を売っていれば、マイナスのスワップになります。

FX会社の設定によるので、買っても売ってもマイナスのスワップということも多いです。

証拠金

証拠金取引を行うために必要な資金です。この値をもとに計算される証拠金維持率が100%未満となる場合、新規注文は行えません。

ブローカー

外国為替取引を提供してくれる業者のことです。FX会社、証券会社などです。

レバレッジ

レバレッジとは資金の何倍の取引を許容するかの値になります。

例えば1万円の資金でレバレッジ 25倍とすると25万円分の取引をすることができます。普通に1倍で通貨交換して保有するよりも、値動きした時の損益が大きくなり、少ない資金でも効率的に取引を行うことができます。

日本の法律ではレバレッジ は最大25倍という決まりがあります。海外口座ではもっと大きなレバレッジで取引することができます。

日本で有名な海外ブローカーのXMでは最大888倍となっています。口座に入っている金額によっても変動したりするようです。

あくまで最大値なので、常に大きなレバレッジ をかけている訳ではないです。

ゼロカットシステム

ゼロカットシステムとは、相場の急変により損失が資金を超えた(借金の状態)ときに借金部分はブローカー側で補填し、借金なし(0でカット)とする超優良な救済システムです。これは日本の法律ではアウトの仕様になります。そのため、日本のブローカーは提供できないシステムです。

基本的には、証拠金(取引に必要な資金)が20%未満(ブローカによる)になると自動的に決済される借金防止の強制ロスカットというシステムがあるので、ゼロカットは発動しません。

ゼロカットシステムが発動した最たる例としては、スイスフランショックと言われている2015年1月15日に発生したスイスフラン高によるユーロ/スイスフランの大暴落があります。

スイス中央銀行はユーロ/スイスフランに対して、スイスフラン高になりすぎないように永続的に為替介入すると宣言していましたが、資金不足を理由に介入撤退の発表を行ったことで、スイスフラン高が進みました。多くの投資家はそんなこともあろうかと念のため、損切りのラインを設定しており、実際に売り注文が実行されたそうです。しかし売り注文が殺到したため「インターバンク」(為替の価格を決定する人)が価格を一時的に提示できなくなり値飛びが発生しました。次に価格提示された時には大暴落していて、その価格で売り注文が決済され、投資家が大きな損失(借金)を抱えることになりました。この時にゼロカットシステムを採用しているブローカーは投資家の借金を補填してくれたようです。

詳しくは「スイスフランショック」で検索してください。

入金ボーナス

日本で有名な海外ブローカーとして、XMがあります。こちらも入金ボーナスを実施しています。100%ボーナスが5万円(500ドル)、20%ボーナスが45万円(4500ドル)分あります。

例えば10万円を入金した場合、ボーナスとして6万クレジット(100%ボーナス5万+20%ボーナス1万)が付き、口座に16万円ある状態で取引することができます。

これはかなりデカいですよ。(ナンピンEAは資金量がかなり重要です。)

自動売買ツール(EA)

EA(エキスパートアドバイザー)とは

自動売買ツールのことをEA(エキスパートアドバイザー)と言います。アドバイザーという名称ですが、売り買いまで自動でやるため、設定したら基本的に放置で取引してくれます。

勝手にお金が増えるのは面白いです。もちろん市場なので絶対儲かるということでは無く減ることもあります…。それでも初心者の方が裁量でやるよりはEAの方が断然おすすめです。

基本的には稼働しっ放しで良いのですが、経済指標の発表時には、相場が荒れることが想定されます。そこで重要な経済指標の発表前後はEAの稼働を停止し、安全策をとることも可能です。

FX自動売買に必要なもの(参考)

ここまで読んでいただいている方は、自動売買にかなり興味をお持ちだと思いますので、参考までに必要なものを挙げておきます。

  • 本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、パスポートのいずれか)
  • 住所確認書類(氏名、現住所、発行日が記載された公的機関、銀行等からの郵便物。無かったら住民票)
  • 運用資金:最低でも10万円(FX会社で入金ボーナスがあるので16万円ある状態で始められます)…これより少ないと破産リスクが高くなります。
  • 銀行口座(またはクレジットカード)…入金する際に必要
  • EAを稼働するPC、またはVPSに接続するためのPCまたはスマホ(推奨はPC)

証券口座とか、FX口座の開設には、本人確認がつきまとってきます。税金とか関わってくるので、大事なのでしょう。面倒ですが、ルールです。従いましょう。海外口座だと、マネーロンダリングの防止とかあるんでしょうかね。

マネーロンダリングといえば、ホリエモンこと、堀江貴文さんですよね。疑惑で終わったのかな?よく分かりませんが印象です。メディアに操作されているかも。そんなこんなで、彼が逮捕された時は何だコイツと思っていましたが、最近は彼の活躍を見ていると頭良いなと思うことばかりです。彼は懲役2年6ヶ月を受けていますが、彼にその時間を返してあげたいですねー。何か凄いことをやってくれそうな気がします。実際には1年9ヶ月くらい収監されていたようです。その間も無駄な時間にはしていなそうな気がしますね。(実際、24Kg越えの減量に成功したらしい…)

話が逸れました。戻します。

FX自動売買を始めてみたい人、始める方法を知りたい人は下記の記事をどうぞ。

自動売買ツールの無料提供の秘密

さて、ここからもかなり重要です。お金の話です。ネットに自動売買ツールが溢れている秘密になります。

ネット上には、本サイトと同様に無料で自動売買ツールを提供している『心優しい人』がたくさんいます。実際には、私を含めそれらの人たちが心優しいかどうかは分かりません。理由をみていきましょう。

なぜ無料で利用できるの?

簡単に言うと、自動売買ツールの提供者は、自動売買ツールを稼働してもらうことで利益を得ることができるのです。だから、ツール自体は無料提供で良いのです。

仕組みをもっと詳しく

まずはFX会社がどのように儲けているかを知る必要があります。

FX会社は、取引時の手数料やスプレッドにより、トレーダーが取引をすればするほど儲かります。そのため、お金を払ってでも、トレーダーの数を増やしたいのです。

自動売買ツールの提供者(僕も含)は、利用者に対して、特定のリンクから口座を開設することを要求してきます。

そのリンクから口座を開設することで、提供者と利用者がリンク付けられます。

そうすると、利用者がその口座で取引した取引量に応じて、FX会社から提供者に対してIB報酬が支払われます。

IBとはIntroducing Brokerの略です。直訳すると「ブローカーの紹介」です。

IB報酬の相場としては、リンク付いているトレーダーの数などの条件がある場合がありますが、1ロット(10万通貨)あたり10ドル(約1000円)くらいです。

必ず儲かるの?

自動売買ツールの取引で利益が発生するかどうかは分かりません。損失が発生するかもしれません。FXにおいて必ず儲かるということはありません。

ただしIB報酬については、必ず儲かると言っても問題ありません。自動売買ツールの利用者の取引の損益ではなく、取引ロット数に応じて、報酬が支払われるためです。

自動売買ツールの提供者の心構え

自動売買ツールの提供者としては、IB報酬を得ることが目的である訳ですが、下記の心構えが必要だと思います。

  • 取引ロット数に応じて報酬が支払われるからと言って、無闇矢鱈(むやみやたら)に取引を行うような自動売買ツールにしてはいけない。
  • 利用者に利益が発生するように適切な取引を行う自動売買ツールを作成し、信頼を獲得し、多くの人に長く稼働してもらえるような自動売買ツールを提供する。
  • 自動売買ツールの稼働実績を偽りなく、誤解の無いよう正確に公開する。

僕としては、この心構えを忘れずに頑張っていきますので、よろしくお願いします。

自動売買ツールの無料提供

さて、FXの基礎知識と自動売買ツールの無料提供の秘密についても知っていただいた上で、渾身の勧誘させていただきます。

コノつーるイイデスヨー! カキノりんくヲくりっく

最後まで、お読みいただきありがとうございます。自動売買ツールに興味のある方の参考になれば幸いです。

-FX

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【必勝法!】ナンピンマーチン型EA ー ブラックジャックの必勝ロジック

【特典あり】Risedot(ライズドット)に参加してみる【自動集客システム】polkadotを応援しよう。Risedotに参加して、バリデーターになろう! この記事で紹介するEAは、ナンピンマーチン型 …

【フォワード実績-2ヶ月目】ナンピンマーチン型EAのGBPUSDでのトレンド反転決済設定

ナンピンマーチン型EAのGBPUSDでのトレンド反転決済設定のフォワード実績の2ヶ月目です。

【フォワード実績-3ヶ月目】ナンピンマーチン型EAのGBPUSDでのトレンド反転決済設定

ナンピンマーチン型EAのGBPUSDでのトレンド反転決済設定のフォワード実績の3ヶ月目です。

【フォワード実績-1ヶ月目】ナンピンマーチン型EAのGBPUSDでのトレンド反転決済設定

2020年4月6日に稼働を開始したナンピンマーチン型EAのGBPUSDでのトレンド反転決済設定のフォワード実績を公開します。

【無料EA】3つのEAの特徴を解説!

この記事では、本サイトで無料で提供している3種類のEAをご紹介します。どのEAを利用するかの判断材料になれば、幸いです。 EAについて、ご質問があればLINE@までご連絡ください。 目次1 ナンピンマ …